Home>剃刀負け予防と治し方

かみそり負けの原因は? 予防と治し方

かみそり負けの原因と予防と治し方

かみそり負けは肌が傷つくことが原因です!

髭を剃った後やムダ毛の処理をした後に、

肌がヒリヒリする、肌がかゆくなる、出血するなど

かみそり負けは嫌なものです。


どうしたらかみそり負けしないのでしょうか?


まず、そもそもどうしてかみそり負けするのでしょうか?


髭を剃ったり、ムダ毛をかみそりで処理すると

肌には目に見えないほどの傷が付きます。


その傷から細菌や雑菌、ウイルスなどが侵入するためカミソリ負けしてしまいます。


また、ひげそりやムダ毛の処理をすると、

肌の防御機能である角質も一緒に剥がしてしまうので、

肌の防御機能は落ち、さらに雑菌などに弱くなります。


また、角質が剥がされると肌は乾燥しやすくなります。

肌が乾燥するとより防御機能は弱くなり

さらに雑菌などが感染しやすくなります。


すなわち髭剃りやムダ毛の処理をすると、

・肌が傷つき雑菌などが侵入しやすくなる

・角質を剥がすので、肌の防御機能が弱くなり雑菌などが侵入しやすくなる

・肌が乾燥しやすくなるので肌の防御機能が弱くなり雑菌などが侵入しやすくなる

ため、かみそり負けを起こしてしまいます。

かみそり負けの予防と治し方

優しく剃って、正しいケアをすることが大切です!

かみそり負けの治療法と予防法はどうすればよいのでしょうか?


かみそり負けの治療法は、

剃刀の使用をやめ、髭はハサミで切るようにして

肌への負担をなくします。


薬局などで相談すれば適切な薬を教えてくれます。


ひどい場合は、早めに適切な診療を受けてください。


では、かみそり負けしないようにするには

どうすればいいのでしょうか?


かみそり負けを予防するには、


☆ヒゲ脱毛してヒゲそりをやめる

☆切れ味のよい新しいかみそりを使用する

☆欠けたり、錆びたり、汚れたカミソリは使用しない

☆逆ぞりをしない

☆ひげそり後はしっかり保湿する

☆剃るときは力を加えない

です。


肌に負担をかけないようにする髭やムダ毛の剃り方は


まずは、ぬるま湯などでひげに水分を与えて柔らかくする

 ↓

シェイビングローション等を塗る

 ↓

きれいで切れ味のいいヒゲそりで毛の流れにそって優しくヒゲを剃る

 ↓

もう一度シェイビングローションを塗る

 ↓

今後は逆ぞりで優しくヒゲを剃って仕上げる

 ↓

ぬるま湯でしっかりながす

 ↓

冷たい水で肌を引き締める

 ↓

アフターシェイブローションでしっかり保湿


これを行えばカミソリ負けをだいぶ予防することができるでしょう。

肌の弱い人は、少しジョリジョリ感が残ってしまいますが、

逆ぞりをやめればカミソリ負けは大きく軽減できますよ。


ヒゲを剃った後の肌は、肌は弱っています。

しっかり潤い補給&保湿して肌なめらかに整えることがカミソリ負けにはとても有効です。


また、ヒゲ脱毛はカミソリ負け予防、カミソリ負けを治すのには

とても効果があります。


髭が無くなればカミソリで肌を傷つけることは無くなるし、

脱毛すると、髭が薄くなるので、

肌を傷つけることが減り、カミソリ負けもかなり軽減します。


青髭や濃いヒゲで1日に何度も髭を剃っていて、

髪り負けで悩んでいる方は脱毛も考えてみてはいかがですか?


最近の家庭用脱毛器は、出力も使い易さも向上し、2週間に1度、数分だけなので、

カミソリ負けで悩んでいる人は、脱毛してみてはいかがですか?

ヒゲ脱毛ならこの脱毛器で決まり!   こちら  ケノン

濃いひげ青髭を薄くする脱毛器をもっと詳しく知ろう!

マーク人気脱毛器を分かりやすく比較しました!


マークどれが一番?効果は?コストパフォーマンスは?肌に優しいのは?

濃いひげ青髭を薄くするジェル&ローション悩み別ランキング

マークやっぱり効果が一番大切!濃い髭や青髭の悩みを解決するに。

マークどの抑毛剤が人気なの?人気抑毛剤をランキング

マーク毎日使うものだからできるだけ安いものがいい!安いものをお探しの人へ

マーク敏感肌の人もヒゲを薄く細くしたですよね。

マーク男性の太くて強情なヒゲをやっつけろ!

マーク口周りのムダ毛が太くて悩んでいる女性へ

マークヒゲだけでなく体のムダ毛もどうにかしたい人へ

マーク効果・価格・使用感・+αの効果・その他の総合でランク付け


毎日ヒゲを剃る男性のみなさまは、かみそり負けで困っていませんか?

髭や濃い人や青髭の人は、かみそり負けで困っていませんか?

女性でもムダ毛処理した後のカミソリ負けで困っていませんか?

このページでは、カミソリ負けの予防方法と治し方についてまとめてみました。

カミソリ負けは辛いですよね。

肌が赤くなったり、肌がひりひりしたり、かゆくなったり、出血したりと

本当に困ります。

でも、かみそりまけしにくい方法で髭やムダ毛をそり、

剃った後もケアすることでかみそり負けは予防することができます。

ぜひ参考にしてかみそり負けにならないようにしてください。

そして、いつまでもきれいな肌を保ちましょうね。

当サイトがお役にたてれば幸いです。